土地から購入するポイントを伝授|家探しに最適な場所

男女

重要なポイント

つみき

家の大きさが決まる

中野区で家を建てる場合、購入した土地に建てられる家の大きさや構造などは、法律によってかなりキメ細かく規制されています。中でも基本中の基本なのが建ぺい率と容積率です。建ぺい率は、敷地面積に占める建物の投影面積、容積率は敷地面積に占める延べ床面積です。これらは用途地域ごと、および土地の条件ごとに比率が決められています。それを超えて中野区に家を建てることはできません。特に狭い敷地ではこれがネックになり、思い通りの大きさの家が建てられないことがあります。そのため建ぺい率と容積率は、中野区で土地を選ぶ際の大事なチェックポイントになります。他にも、主に北側の隣地の日照や通風に配慮した斜線制限や防災の観点から、防災地域・準防災地域を指定して建築材料を制限する決まりもあります。また、建築基準法以外に各自治体が独自の条例を定めて建築の制限を行うことが多くなっています。一般的にこれらの条例は基準法よりも厳しくなっているため、自治体の建築指導課などに出向いて条例を確認しましょう。中野区で土地を購入する際には、重要事項説明書という大切な書類があります。これは業者が不動産の売買をする時に、その物件を取り巻く重要な事項をとりまとめたもので、書類にして買い主に説明することが義務づけられています。当然これには土地の権利関係に関することも盛り込まれており、万一その土地に抵当権や賃借権がついていればいつまでに末梢するかが記載されています。土地の権利関係については、自分で最寄りの登記所へ行き、最新の登記簿を閲覧し、十分にチェックすることが大切です。